毎日収支

2/26(金)ユーロドル売りA-5.7pips/B+6.9pips/ドル円売り-9.4pips/オージードル売り-15pips

ユーロドル売りA

【エントリー基準足:15分足】

A売り:1.21529
損切り:121586(5.7)
利食い:1.21450(7.9)

・1時間足は下落している
・Ⓐの下落でフィボナッチを引き38.2で陰線が出たタイミングで売りエントリー
・しかし下落にならず、価格はfib61.8も上抜けていき損切れた
⇨陰線6本で、スラストとは言えない状況でラインを引いてしまった
⇨fib38.2の陰線も、この価格で反応したとは言えない状況だった

ユーロドル売りB

B売り:1.21569
損切り:1.21600(4.1)
利食い:1.21500(6.9)

・1時間足は下落が続いている状況
・9本のスラストにフィボナッチを引き38.2で陰線が出たタイミングで売りエントリー
・次も陰線だったがその後は上昇になった、再度38.2で反応しギリギリ損切れず下落となり利確になった
⇨今回はたまたま損切れなかっただけ

ドル円売り

【エントリー基準足:15分足】

売り:106.148
損切り:106.240(9.2)滑り106.242約定-0.2pips
利食い:106.005(14.3)

・1時間足では上昇トレンドが崩れた後に上げている状況
・38.2で上ヒゲ陰線が出たので売りエントリー
・しかし上昇していき損切れた
⇨ドル円は日足4時間ともに上昇トレンドだったから買いで入る方が良かったか?
⇨その後上昇のスラストが出たあと見事に61.8で反応し再上昇していった

オージードル売り

【エントリー基準足:15分足】

売り:0.77600
損切り:0.77750(15)
利食い:0.77480(12)

・1時間足では上昇トレンドが終わり大きく下落している
・38.2をヒゲでタッチしインサイドバーの陰線が出たので売りエントリー
・下落とはいかず38.2ラインを上抜けていき損切れた
・価格は61.8で上ヒゲ陽線その後下落に転じ安値更新していった
⇨1回目のトレードが失敗に終わった事で、嫌になり61.8で再エントリーを見送ってしまった
⇨価格が上下する様を見ているのはストレスがかかる事が分かった

☆ディナポリ式の38.1エントリーで61.8上で損切り、逆fib61.8付近で利確ルールだと恐ろしくリスクリワードが悪いので試すのが怖い
☆61.8で反応した場合だけエントリーすれば利確ラインが伸びて、損切りラインは狭くなるのではないか?でもエントリー機会は減るな・・・
☆38.2で反応したら1本エントリーし、逆行した場合は61.8で反応したらもう1本エントリー。すべての損切りはfib70.2、利確は逆fib61.8だとどうだろうか